ローンを完済したらどうするべきか?

カードローンを完済したら、継続契約するか解約するか決めることになります。
継続契約の場合は、特に何も手続きをする必要はありません。
完済しても解約にはなりませんから、また借りたいときに借りることができるのです。
50万円の利用枠があり、すべて完済すればまた50万円の借り入れが可能となります。
利用実績がよければ、枠を70万円くらいまで上げてくれることもあります。
50万円から一気に100万円まで増額されることは少なく、多くの場合において70万円か80万円までの増額となります。
それ以降の増額では、100万円の大台に乗るのが一般的です。
フリーローンと呼ばれるカードなしの多目的ローンとの最大の違いは、完済しても契約解除にならないことです。
フリーローンの場合ですと、完済すればその時点で契約が終了するのです。
クルマや住宅のローンを完済すれば、契約が終了するのと同じようなものです。
カードローンの場合は、そのまま放置しておくと自動的に継続契約となり、いつでも好きなときに借りることができます。
こうした理由から、完済後も解約せずに契約続行する方が多いのです。
「今後、絶対にお金を借りることがない」という保証はどこにもなく、実際に解約してから数ヶ月後に再契約する方は多いのです。
完済している状態ならば、当然利息は1円もかかりませんから、そのまま放置しておいても何ら問題はありません。
それに対して、完済後は積極的に解約しようとする方もおり、おそらくローンが自分に合っていないと判断したのでしょう。
使えるお金があると、我慢できなくなってしまうタイプの方が多いはずです。
もともと、カードローンを持っていると、特に目的はなくても使いたくなるものです。
お金が借りられるという頭があると、いろいろと欲が出てくるものであり、あれも欲しい、これも欲しいと浪費に走ってしまう方もおります。
ローンを利用して失敗した方は、完済後に解約する方が少なくありません。
また、完済後に他のローンに乗り換えるという方も一部におります。
借り換えと呼ばれるものであり、より低金利のローンに乗り換えるのです。
金利が低くなると何が変わるかと言いますと、まず月額の返済額が少なくなるのです。
従来と同じ返済額に設定した場合は、返済期間が短くなります。
返済総額が減るわけですから、完済する労力が軽減されるのは間違いありません。
借り換えに関しては、通常は契約途中に行うのが普通です。
完済するまで待つ必要はなく、なるべく早く乗り換えたほうがムダなお金をかけなくてすみます。
総量規制が心配という方もいるでしょうが、借り換えに関しては総量規制の適用とはなりません。
すでに総量規制の満額まで借りていたとしても、追加で融資を受けることは可能なのです。
ただ、通常のカードローンでは他社返済に使用できないローンもあるため、借り換え専用のカードローンを選ぶようにしてください。
通常よりも低金利になっているのも特徴です。